カード錠

カード錠

MIWA フェリカロック FKALT
FeliCaカードを使用して解錠するロックです。
■操作感・耐久性に優れています。
カードまたは携帯電話※をロックにかざすだけで解錠します。非接触式なので、耐久性も抜群です。(※おサイフケータイ機能を持っていることが必須となります。)
■高いカードセキュリティ
FeliCaは高度な認証・暗証機能により保護されており、複製や改ざんは極めて困難です。
■各種IDフォーマットに対応
美和オリジナルのフォーマットに加え、Edy番号、IDmにも対応。最大100IDまで登録することができます。上記以外のフォーマットにも対応が可能です。(別途打ち合わせが必要です。)
注1)1台につき同一フォーマットのみでの運用となります。
注2)FeliCaのIDmは原則として固有の番号であることになっていますが、固有性の保証はカード製作会社各社に委ねられています。お客様の判断の下にご使用くださいますよう、お願いいたします。
※Edy(エディ)はビットワレット株式会社が管理する、プリペイド型電子マネーサービスのブランドです。
■最大1,600件分のログを保持。
別売りのパソコンソフト(SFFA-J01またはSFAC-F01)を併用することで、簡易入室管理システムとしての利用も可能です。
■確実な施錠。
ロックは自動施錠タイプなので扉が閉まると自動的に施錠します。鍵のかけ忘れを防止できます。
■ロックは配線不要。
ロックは電池式の電気錠です。そのため扉への取付も普通のロックと同様に配線工事は不要です。
■非常用シリンダー付き。
電池切れなどの万一の時は非常用シリンダーで解錠できます。
注1)FeliCaはソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式であり、ソニー株式会社の登録商標です。
注2)仕様は予告なく変更する場合があります。
注3)おサイフケータイは株式会社NTTドコモの登録商標です。
注4)植込み型の心臓ペースメーカーやICDを装着されている方は、ドアのリーダから約22cm以内に植込み型心臓ペースメーカーやICDが近づかないようにしてください。リーダ(発信アンテナ)からの電波が植込み型心臓ペースメーカーやICDの作動に影響を与える恐れがあります。
IT LOCK PASSCA パスカ
非接触ICカードとタッチパネル式のテンキーを両方備えた新しいタイプの電子ロックです。

今お使いの錠前のシリンダー(鍵穴部分)を外してカード読取部を取り付け、室内側にはモーター駆動式の制御装置を取り付けます。

基本的に無加工の後付施工を可能としていますので、取り付け工賃を含めたローコスト化を実現しています。

●通常は省電力モードとなっており、指で触れると起動してカードを読み取ります。また、テンキーを利用する場合は、起動すると何れかの縦一列のみの数列がまず点灯します。そこでその数列をタッチしますと、全点灯となり、その時点で暗証番号の入力が可能となります。この操作手順により、パネル面に付く汚れ等から暗証番号を予測される危険を防ぐことが可能となります。

●タスポカードや、おサイフケータイを含め、フェリカ、マイフェア規格のICカードであれば登録しカギとして利用が可能です。

●不正解錠アラーム搭載により、防犯性がアップします。

●外からはカードで開け閉め、中からはボタンで開け閉めに変わります。操作が簡単なので、暗闇で鍵穴を探したり、荷物を持ったまま開け閉めする不便から開放されます。もちろん、お子様やお年を召した方にも安心です。

●テンキーがありますので、オートロックモード(扉が閉まると自動的にロックされるモード)にて運用される場合に、うっかりカードを持たずに出てしまった際の‘締め出し’の不安がありません。

●無加工の施工パターンの場合は元の鍵穴は無くなりますので、ピッキング犯罪(鍵穴から特殊工具を使って不正解錠する手口)の心配がありません。また、管理上元の鍵でも開けられる必要がある場合は、若干加工が必要となりますが、鍵穴を残した状態での取り付けも可能です。

●電池残量警告機能(開け閉めの際に特別なメロディーが流れます)により不意の電池切れを予防します。長期の旅行等で電池切れを起こした場合でも9V角形電池を使えば外部から電源を一時的に供給することができ安心です。もちろん登録データは残ったままです。
MIWA オフィス向け出入り管理システム PicoA(ピコア)
扉だけで出入管理を完結。ライトな出入管理システム-PicoA[ピコア]

■機器を小型化し扉に集約させた、次世代出入管理システムです。
従来の出入管理機能をカードリーダに収め、電気錠の制御機能を扉内に設置するアダプタに凝縮しました。電気錠、アダプタ、カードリーダを扉に取り付けるだけで、本格的な出入管理が実現できます。
(注)その他に扉外に電源装置の設置と、電源装置~通電金具間の配線工事が必要です。

■導入コストは従来の約1/2。リーズナブルに出入管理システムを構築できます。
小型化と機器集約により、機器費が大幅に下がりました。また、施工の簡素化と省配線化により、施工費も削減できます。さらに、お客様が現在お使いのFeliCaを利用すれば、カードのイニシャル・ランニングコストも削減可能です。多彩なオプション機能がありますので、お客様が希望される管理方式やご予算に合わせたシステム構築が可能です。
(注)お客様IDをご使用になる場合は、別途費用およびお打ち合わせが必要となります。

■通行時の操作もよりスムーズに。
壁や袖パネルではなく扉にリーダを設置することで、よりスムーズに出入口を通行できます。

■カードの登録・抹消や、データ管理もとっても簡単。特別な設備は不要です。
リーダ本体に内蔵されたスイッチやUSBスロットを使用して、様々な操作が可能です。